公益財団法人 山梨県健康管理事業団  
リンクサイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ
トップページ 事業団について 健診・検査 結果について 事業団だより 普及啓発活動

ホームホーム > 普及啓発活動 > がん検診について

普及啓発活動
がんについて 基礎知識
がん検診について
肺がん検診について
胃がん検診について
大腸がん検診について
乳がん検診について
子宮頸がん検診について
腹部超音波検診について

学童検診 名簿ファイル提出

県立学校 名簿ファイル提出

職域健診 名簿ファイル提出

大学・専門学校健診 名簿ファイル提出

住民健診 名簿ファイル提出


がん検診について


 現在、がんは死亡原因の第1位を占めています。しかし、医学の進歩により治療成績が向上しています。その理由のひとつは、検診などの普及により早期発見が可能になったことが挙げられます。
 がんは自覚症状が出るころには進行していることが多く、無症状のうちに発見することが早期の治療につながります。そのためにも定期的にがん検診を受けることが重要です。


がん検診の流れ

がん検診は一次検診、精密検査(二次検診)、がんの確定診断、治療という流れで進んでいきます(下図参照)。
一次検診では「スクリーニング」といって、健康な人と、多少でもがんの可能性が疑われる人を見極めてふるいわけます。
詳しい一次検診の内容は個別にご説明しますが、胃がん検診だとX線検査、乳がん検診だと視触診とX腺(マンモグラフィー)検査の組み合わせなどのように、検診ごとに検査内容は異なります。
もし、精密検査でがんと診断(確定診断)された場合は、必要に応じて治療へ進むことになります。


がん検診の流れ図

がん検診の目的

 がん検診の目的は、ただ単にがんを多く見つけるためではありません。検診の対象となる人たちの死亡率を減少させることが、がん検診の目的です。

これまでの研究の成果により、以下の5つのがん検診については、がん検診の効果が科学的に証明されています。

肺がん

40歳以上年に1回  問診と胸部エックス線、必要に応じて喀痰細胞診

胃がん

40歳以上年に1回  問診と胃部エックス線撮影

大腸がん

40歳以上年に1回   問診と便潜血検査(2日法)

乳がん

40歳以上2年に1回  問診、視触診、乳房エックス線(マンモグラフィ)

子宮頸がんがん

20歳以上2年に1回  問診、子宮頸部の細胞診

また、山梨県においては、肝がんによる死亡率が東日本地域で最も高いことから、腹部超音波検診を全市町村で行っています。

腹部超音波検診

問診と腹部超音波(エコー)

がん検診受診率

 国、また山梨県でもがんの早期発見を目指し「がん検診の受診率50%以上」という目標値を設定しています。
山梨県は全国に比べると比較的高い数字ですが、それでも30%前後です。


がん検診受診率

がん検診受診率

がん検診受診率

(出典:国民生活基礎調査)

がんの危険信号8か条

がんの危険信号8か条




公益財団法人 山梨県健康管理事業団 〒400-0034 山梨県甲府市宝一丁目4-16 055-225-2800(代表)
ページ上部へ