公益財団法人 山梨県健康管理事業団  
リンクサイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ
トップページ 事業団について 健診・検査 結果について 事業団だより 普及啓発活動

ホームホーム > 普及啓発活動 > がん検診について > 肺がん検診について

普及啓発活動
がんについて 基礎知識
がん検診について
肺がん検診について
胃がん検診について
大腸がん検診について
乳がん検診について
子宮頸がん検診について
腹部超音波検診について

学童検診 名簿ファイル提出

県立学校 名簿ファイル提出

職域健診 名簿ファイル提出

大学・専門学校健診 名簿ファイル提出

住民健診 名簿ファイル提出


がん検診について


肺がんについて

 肺がんは日本のがんの死亡数のトップになっています。山梨においても死亡数のトップであり、男性のがんの死亡の2割以上が肺がんです。
 また、新たに肺がんになった人の数は山梨において男性で2位、女性では4位、全体では3位となっています。


平成23年度肺がん死亡率

死亡率・罹患率図

治療技術の進歩により、肺がんも早期のうちに発見して治療すれば約8割が治るようになりました。症状が出る前に検診を受診して早期発見につなげましょう。

病期と生存率

肺がん5年相対生存率

肺がん検診とは

 肺がん検診は40歳以上を対象とし、胸部X線撮影を行い、2人以上の専門医によって読影されます。必要に応じ過去のX線写真との比較を行います。
 また、タバコを多く吸うハイリスクの人に対しては喀痰細胞診との併用も行います。


ハイリスク説明

 当事業団が平成22年に行った肺がん検診の結果では、受診者数は22,755人、うち要精検者(精密検査が必要と判定された人)の数は571人で要精検率は2.51%。
また、この中で精密検査を受診した人は458人(精検受診率80.21%)。
この検診を通して発見されたがんの数は8人でがん発見率は0.04%でした。


肺がん検診受診者1万人中→肺がん罹患者4人

要2次検診、罹患率

この結果により、肺がん検診受診者の1万人中、肺がん罹患者は4人。
肺がん検診受診者1万人のうち251人が要精密検査と判定され、実際に精密検査を受ける人はその251人中201人。その201人の中から4人が肺がんを発見された割合ということになります。


肺がん罹患

肺がんは高齢化につれて増加しています。症状が出る前に定期的に検診を受診しましょう。




公益財団法人 山梨県健康管理事業団 〒400-0034 山梨県甲府市宝一丁目4-16 055-225-2800(代表)
ページ上部へ